PSA、旧オルネー工場の敷地を完全売却

仏自動車大手PSAは11月30日、2013年に閉鎖した旧オルネースーボワ工場(セーヌサンドニ県)の敷地107ヘクタールを、仏首都圏の不動産管理当局EPFに売却した。売却額は1億500万ユーロ。PSAは...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。