10月の仏発電量、原子力と水力が後退

仏送電事業者RTEによると、フランスでの10月の原子力発電量は前年同月比で3.3%減少した。国内の58基の原子炉の3分の1弱が何らかの理由で運転を停止していたことが原因。また、降水量の減少が理由で、1...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。