アルジェリア:イリジ盆地の鉱区、ソナトラックが権益を拡大

政府は11月22日に開いた閣議で、イリジ盆地南東の鉱区(232と241a)の契約の修正条項を承認した。修正後で、国営ソナトラックが64.5%、スペインのレプソルが35.5%の権益を保有した。
国とソ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。