ドイツ:社民党が軌道修正、大連立政権樹立に応じる可能性を示唆

保守・中道・環境派による連立交渉が失敗したドイツで、改選前と同様に保革共存の大連立政権が発足する可能性が浮上している。総選挙後に下野することを決めた社民党(SPD)が、メルケル首相のキリスト教民主・社...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。