仏電力・ガス産業部門の企業委員会選挙、CGTの得票率が50%割れに

仏電力・ガス産業(IEG)部門(主要企業はEDFと旧GDF・エンジー)の福利厚生事業を運営する合同組織CCASの役員を決める労働者代表選挙が11月22日に終了した。CCASはフランスで最大級の企業委員...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。