仏政府、ブラックフライデーを前にネット詐欺への注意を喚起

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

仏政府は11月22日、サイバー攻撃の被害者のための被害通報窓口「cybermalveillance.gouv.fr」を通じて、ブラックフライデーやサイバーマンデーなどの歳末商戦の始まりを受け、インターネット詐欺が急増する可能性があると警告を発した。フィッシングやランサムウェアなどあらゆる手口の詐欺に特に注意するよう呼びかけるとともに、◆条件が良すぎる取引には疑いの目を向ける、◆売り手が実際に存在するのか確認する、◆売り手のサイトの真正性と評判を確かめる、◆決済方法のセキュリティを確かめる、などのアドバイスを与えている。