アリエ県内の900ヘクタールの農地、中国企業が買収

国内の農地売買を監視する公的機関SAFERは11月22日、アリエ県内の麦とトウモロコシの栽培地(900ヘクタール)が中国企業により買収されたと発表した。この農地を保有する会社の98%資本を中国企業が買...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。