メルセデスベンツ、商用車の電動化を加速

独自動車大手メルセデスベンツ(ダイムラー傘下)は2018年の後半に、小型商用車「Vito」のEVバージョン「eVito」を投入する計画を発表した。eVitoの航続距離は1回の充電あたりで150kmに達...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。