警察官・憲兵隊員の自殺増える

フーリガン対策班の全国部署を率いたアントワーヌ・ブトネ氏が12日、勤務先の憲兵隊本部(パリ近郊イシーレムリノー市)内で自殺した。勤務に用いる拳銃で自殺したものとみられる。ブトネ氏は去る3月、それまで勤...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。