欧州での遺伝子組み換え作物の作付面積、2017年に減少

仏NGOのinf'OGMによると、EU(欧州連合)における遺伝子組み換え作物の作付面積は2017年に13万ヘクタール強と、前年比で4.3%減少した。スペイン、ポルトガルのみで栽培が行われている。EUで...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。