仏900MW級原子炉の運転延長:ASNの意見表明は2020年に

ASN(仏原子力安全局)のシュベ局長は11月8日、仏国内の900MW級原子炉34基の運転延長についての全体的な意見表明について、予定されていた2019年から先送りし、2020年を予定すると述べた。仏下...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。