配当金課税の憲法違反認定:政府、大企業対象の特別課税を1年限りで導入へ

政府は2日に開いた閣議で、2017年利益を対象として、大企業を対象にした特別課税を導入することを決めた。支払い配当金への3%課税が憲法違反認定を受けて廃止されたことに伴い、国には過去の徴税分を返還する...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。