仏建設大手のエファージュ、アフリカで相次ぐ契約獲得

仏エファージュ(建設・コンセッション)は10月30日、仏ボロレグループが率いるコンソーシアムからガーナ・テマ港の整備契約を獲得したと発表した。調査4ヵ月、工期26ヵ月を予定する。契約額は1億400万ユ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。