飛翔昆虫の生息数、ドイツで過去30年に76%減少

ドイツ西部の自然保護地区において、飛翔昆虫の2016年の生息数が、1989年に比べて76%減少しているとの研究結果が発表された。真夏に限ると減少率は82%にも達するという。この研究はオランダ・ラドバウ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。