仏国内原子炉のポンプ建屋配管の耐震性に問題が判明

仏電力大手EDFは10月11日、運転する仏国内の原子炉58基すべてにおいて循環水ポンプ建屋(近隣の海または河川から水を汲み上げ、原子炉の冷却に必要な水を供給する)の配管の検査を実施した結果として、配管...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。