フレーヌ刑務所の受刑者、テロ準備容疑で逮捕

仏司法当局は10月6日、フレーヌ刑務所(バルドマルヌ県)の服役囚で出所間近だった男性2人にテロ準備容疑で予審開始を通告した。容疑者として勾留を開始した。
予審開始通告を受けたのは、28才のカメルーン...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。