仏下院、「国内での炭化水素生産停止」法案を採択

仏下院は10月10日、第1読会において、国内の炭化水素生産を2040年を目処に停止する法案を賛成多数で採択した。同法案は11月に上院で審議される予定で、年内の成立が見込まれる。同法案は、国内の新規の炭...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。