トタル、ギニア沖の炭化水素開発可能性を調査へ

仏石油大手トタルは10月9日、ギニア石油当局(ONAP)との間に、ギニア沖の深海、超深海のゾーン(面積5万5000平方キロメートル)における炭化水素開発の可能性調査についての協定を結んだと発表した。1...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。