汚染卵事件の影響で需要が増加する仏産鶏卵、価格が上昇

フランスでは、殺虫剤フィプロニルによる汚染卵事件の余波を受けて、鶏卵価格が高騰している。汚染が拡散したオランダやベルギーでは、養鶏場で大量の鶏が処分されたため、汚染被害が少ない仏で生産された鶏卵への需...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。