欧州議会、内分泌撹乱物質の定義を受け入れず

欧州議会は10月4日の本会議において、欧州委員会が提案した内分泌攪乱物質(環境ホルモン)の定義を拒否する内容の決議を賛成多数で承認した。この決議は社会党グループと緑の党グループが提出した。内分泌攪乱物...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。