ラアーグ再処理工場周辺のプルトニウム汚染:アレバ、汚染面積を40平方メートルと発表

仏原子力大手アレバが運営するラアーグ再処理工場(マンシュ県)の近隣の土壌からプルトニウムが検出されている件で、アレバは10月5日、地域情報委員会(CLI)において、汚染されている場所の面積を40平方メ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。