労働法典改正:従業員の化学物質への暴露状況の記録作成、使用者の義務が解除に

仏経済紙レゼコーは10月3日付で、労働法典改正に伴い、従業員の化学物質への暴露状況に関する記録作成の義務が廃止されたと報じた。労働法典改正では、労働条件の過酷さを早期退職の権利などに転換することを目的...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。