仏で違法ストリーミング配信が増加

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

Hadopi(仏違法ダウンロード対策機関)が9月28日に発表したところによると、仏では、合法的ストリーミング配信が普及する一方で、違法配信も増加している。Hadopiによると、仏インターネット・ユーザーのデジタル・コンテンツの利用はますます増加しており、ユーザーの78%が2017年春時点でにデジタル・コンテンツを利用していた。この割合は、前年同時点では70%だった。また、違法コンテンツと合法コンテンツの両方を利用しているユーザーの割合は、2016年の15%から23%へと増加した。違法コンテンツだけを利用しているという割合は4%で、1ポイント低下した。一方、合法コンテンツだけを利用しているという割合は50%で、前年同時点並だった。従って、全面的に、あるいは部分的に違法コンテンツを利用しているという割合は27%で、7ポイント増加した。Hadopiでは、このような違法コンテンツ利用が増加しているのは、主にストリーミング配信によるものだと指摘している。