「不服従のフランス」のメランション党首、ナチス発言で論争に

左翼政党「不服従のフランス」のメランション党首は9月23日、労働法典改正への反対集会で行った演説の中で、「国王を倒したのは、ナチスを倒したのは民衆である」と述べて、大衆運動により労働法典改正を粉砕しよ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。