ロシア、新たな原子力砕氷船を進水

ロシア・サンクトペテルブルクの造船所で9月22日、世界最大級の原子力砕氷船「Sibir」(全長173.3メートル、全幅34メートル)の進水式が行われた。2020年の完成を予定する。同船は、露原子力大手...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。