スイスUBS銀行のトイレ詰まり事件、便器から現金10万ユーロが回収

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

スイス・ジュネーブの地方紙トリビューン・ド・ジュネーブによると、この夏に高額紙幣でトイレが詰まるという怪事件が頻発した。当局が捜査を進めているという。
事件はまず、スイスUBS銀行のジュネーブ支社の貸金庫エリアで発生。便器内に500ユーロ札が大量に捨てられており、水が流れなくなった。次いで、それから数日後に、同支社の至近距離にあるレストラン3軒で同様のトイレ詰まり事件が発生し、警察に通報がなされた。便器を破壊するなどの対応が必要になり、数千スイスフランの費用が発生した店舗もあったという。
当局はこれらの事件で、合計10万ユーロ相当の本物の500ユーロ札を回収。トリビューン・ド・ジュネーブ紙の報道によると、この金は、UBS銀行に金庫を借りていた2人のスペイン人女性資産家の所有物だった可能性があり、これらの資産家の弁護士が事情聴取を受けたが、真相は解明されていないという。これら資産家は弁護士を通じて、トイレの修理費用の負担には応じたとされている。スイスでは、現金を廃棄すること自体は犯罪ではなく、当局は今のところ、今回の事案の現金が犯罪経由のものであることを示唆する材料は得られていないと説明している。