ウクライナ国会、中学・高校でウクライナ語を義務化へ:隣国は懸念を表明

ウクライナ国会(ラーダ)は9月5日、同国の中学・高校において2018年の新学期よりウクライナ語を主要言語とする法案を採択した。これに対して隣国から懸念が表明されている。ウクライナではハンガリー語、ルー...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。