ASN、ベルビルシュルロワール原子力発電所について差し迫った危険を否定

ASN(仏原子力安全局)が仏ベルビルシュルロワール原子力発電所(シェール県)を「強化された監視」の対象とした件で、ASNオルレアン地方局のボケル責任者は9月14日、「周囲の住民にリスクが生じるような危...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。