地域圏向け自治体交付金、付加価値税(VAT)税収の一部移転に切り替えへ

政府は2018年予算法案で、地域圏向けの自治体交付金を付加価値税(VAT)税収の一部に振り替える方針を確認した。この措置は、地域圏側が財源の恒久化を狙って求めていたもので、オランド政権(バルス内閣)時...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。