苦境の北海油田、市況改善の兆しも

9月9日付の仏ルモンド紙は、北海油田の現状について特集した。北海油田の開発は50年以上前に始まり、これまでに440億石油換算バレルが回収された。残っている埋蔵量は70億石油換算バレルと推定されている。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。