ベルギーの戦闘機調達:仏政府はラファールを提案

ベルギー政府は9月7日、戦闘機調達契約の付与先を決める手続きで、3件の提案を受け取った。フランス政府によるラファール(ダッソー)、米国政府によるF-35(ロッキード・マーティン)、英国政府によるユーロ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。