仏ラクタリス、工場からのラクトース漏れで魚が大量死

仏乳製品大手ラクタリスのブルターニュ地方ルティエ工場(イルエビレーヌ県)から排出されたラクトース(乳糖)により、セッシュ川の8kmの区間で魚が大量死する汚染事故が起きた。工場の下水処理場が満杯となった...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。