アレバ、ガラス固化体をベルギーに輸送

仏原子力大手アレバは8月28日、仏ラアーグ再処理工場(マンシュ県)で処理された中レベル放射性廃棄物のガラス固化体を搭載した鉄道がベルギーに向けて出発したと発表した。輸送されるのは、ベルギーで発生した核...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。