赤道ギニア、トタルに7300万ユーロの賠償を要求

赤道ギニア政府は8月28日、仏トタルが2010-2012年の間に燃料販売にあたり、不正を働いた容疑があるとして480億CFAフラン(7300万ユーロ)の賠償を求めると発表した。政府はこの件に関し司法手...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。