ドイツ:知的障害者にも投票権を

ドイツ国籍を保持し、満18歳以上であるにも関わらず8万5000人が連邦議会選挙での投票権がない。
その内、犯罪者で責任能力がないと判断されたため選挙権を失った人は3000人余りで、多くは後見人が必要...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。