仏政府、新車購入時のCO2排出課税を強化へ

仏政府は8月25日、2018年予算案の枠内で、新車購入に対する補助金と課税の制度を改正する方針を予告した。フランスでは、CO2排出量の多い自動車の取得に際して販売時課税(Malus制度)を行い、これを...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。