甲状腺異常の治療薬「Levotyrox」に副作用疑惑

独メルク社製の甲状腺異常の治療薬「Levotyrox」(レボチロキシン)の副作用疑惑が浮上している。3月に成分が変更されて以来、疲労、集中力の低下、胃腸障害などの副作用を訴える人が増えた。仏当局機関A...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。