モロッコ:国王、自らをアフリカの利益の擁護者と位置づけ

国王モハメッド6世は8月20日の「国王と国民の革命記念日」の機会に行った演説の中で、ウィンウィンな協力関係を基盤とするモロッコの対アフリカ政策を自賛し、アフリカ大陸の利益の擁護者として自らを位置づけた...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。