仏ドゥザルプ・スキー場、人工降雪機を使って氷河保護へ

イゼール県のドゥザルプ・スキー場では9月初めに標高3000メートル超の地点に6台の人工降雪機を設置して、気候温暖化の影響を受けて後退しつつある氷河の保護に取り組む。仏では初の試み。同スキー場の運営会社...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。