オランド前大統領、マクロン大統領による労働法典改正に苦言

オランド前大統領は8月22日、マクロン現政権の政策運営について苦言を呈した。労働法典改正を批判した。オランド前大統領が退任以来でマクロン大統領を明確に批判したのはこれが初めて。
前大統領は、アングレ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。