ヴァーレ、ニューカレドニア工場の存続を年内に決定へ

ブラジルの資源大手ヴァーレは、仏領ニューカレドニアのニッケル工場について、事業継続の可否を年内に決定する。新株主の参加、地元及び国からの支援、工場の黒字化の3つの条件がすべて満たされることが、事業継続...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。