「エネルギー調停人」、電力・ガスの請求に問題を指摘

仏「エネルギー調停人」は8月8日、「電力・ガスのユーザーに対し、14ヵ月分を超える料金請求を行わない」という法律の規定が事業者によって適用されていないケースがあると指摘、その修正を求めた。この法律は「...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。