憲法評議会委員に任命のメルシエ氏、架空雇用疑惑で就任を辞退

憲法評議会の委員に任命されたメルシエ上院議員は8月8日、就任を辞退すると発表した。架空雇用疑惑の捜査が開始されたのを受けて、正常に執務を行うのに必要な環境が確保されなくなったと判断した、と辞退の理由を...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。