ウラン採掘の旧施設、放射線量に懸念

ルモンド紙は、過去のウラン採掘により放射線量が極めて高くなっている全国の地域について報じた。フランスは核兵器の製造や原子力燃料の確保を目的に、1947年から2001年まで本土で7万6000トンのウラン...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。