完全自動運転車、フランス人の過半数は尻込み

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

OpinionWayが5月に1000人超のフランス人を対象に実施した世論調査によると、完全自動運転車を使用する用意があるという回答は43%に留まった。使用する用意があるという回答者は、その主な理由として、「疲れずに移動できる」ことや「安全性が強化される」ことをあげており、ほかにも、燃費の良さや駐車の容易さなどを利点としてあげた。
逆に使用を望まない56%の回答者は、事故のリスクに関する不安や、運転する楽しみがないことなど、主に心理的な障壁を理由としてあげている。