政府、有期雇用契約の規制緩和を計画

マクロン政権は労働法典改正において、有期雇用契約(CDD)の規制緩和を盛り込む方針と見られている。現在、有期雇用契約については、同契約を結ぶことが認められる理由(休業中の従業員の補充、事業の一時的な増...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。