クリビ港(カメルーン)のコンテナターミナル、仏中企業が経営権獲得

カメルーン政府は7月25日、クリビ港のコンテナターミナルの運営権売却(コンセッション)先としてフランス・中国のコンソーシアムを選んだ。仏ボロレ・トランスポート・ロジスティクス、仏海運大手CMA CGM...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。