ドイツ:難民申請に関する訴えの多さに、裁判所は悲鳴

難民に関する庇護手続きが多すぎ裁判官連盟(Richterbund)が悲鳴を上げている。2015年には5万件であったのが、2017年は20万件に上るとみられる。
難民申請は連邦移民・難民庁(BAMF)...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。