欧州市民の28%は貯蓄なし

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

オランダの大手銀行INGが欧州13ヵ国を対象に行った調査によると、13ヵ国の市民のうち、貯蓄資金を全く持たない人は全体の28%に上った。この割合は、2013年に30%、2014年に32%、2015年と2016年に35%と、上昇する傾向にあったが、2017年には28%まで下がった。国別では、最も低いルクセンブルク(12%)と最も高いルーマニア(42%)の間でかなりの開きがある。フランスは23%(前年は28%)、ドイツは32%(前年と同じ)、英国は24%(前年は26%)などとなっている。
貯蓄がある人のうち、専門家が最低の安全ラインと見る給与3ヵ月分に満たない人は4割を占めた。また、自身の債務額を正確に把握していない人が1割に上るなど、財務状況に関する意識の低さをうかがわせる結果も見受けられる。