オルキルオトEPRをめぐる係争:TVOに再び有利な部分決定

フィンランド・オルキルオト原子力発電所でEPR(第3世代加圧水型炉)の建設が遅れ、その責任の所在をめぐって仏アレバ・独シーメンスが組むコンソーシアムとフィンランド産業電力(TVO)との間で係争が発生し...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。